TOUCH-AND-GO COFFEE Produced by BOSS

Client : Suntory
Launch : 2019/06/05
“マスカスタマイズ”できるマイコーヒー
「TOUCH-AND-GO COFFEE Produced by BOSS」は、コンビニ、スーパー、自動販売機などの既存の販売チャンネルの外でコーヒービジネスの新しい可能性を見つけ、新しいコーヒースタイルを創ることを目的にした、サントリーの新しいチャレンジです。
コアアイデアは「CUSTOM but FAST」。お店に向かう途中で事前にLINEで注文・決済して設定した受け取り時間に合わせて店舗に行けば、味もパッケージもパーソナライズされた名前入りボトルコーヒーを待ち時間無しで受け取れるテイクアウト専門のカフェです。バスキュールは注文データと連携したサイネージの企画・デザイン・実装とLINEの注文UI設計を担当しています。

Showcase Gigが担当したシステムとサイネージをデータ連携。サイネージに登場する3Dボトルのラベル(480種類以上)とコーヒーの種類(120種類)は実際に注文されたものをリアルタイムでジェネレートし再現。120種類の味の組み合わせの中からランキングとトレンドも表示しています。時間通りに店舗へ着くと、あなたのコーヒーが登場するウェルカム演出が表示されます。

メディアプロモーションを一切行わなかったにも関わらず、好きなアーティストやキャラクター名前を入れた「推しボトル」を作れることでSNSで話題になり、朝5時の注文開始から午前中で売り切れの状態が続きました。一本だけでなく、友人や恋人、同僚や家族などの名前を入れて複数本買っていくお客さんもいて、コーヒー自体がコミュニケーションを生み出しているという、今までのコーヒーには無かった現象が生まれました。また店舗がある東京日本橋の働く人のルーティンに入り込むことに成功し、朝の7時の開店から仕事が始まる9時までの間でのリピーターは7割以上です。

CREDITS

AWARD

  • 2019 59th ACC TOKYO CREATIVITY AWARDS | ブランデッド・コミュニケーション部門 Dカテゴリー(デザイン):ゴールド
  • 2019 59th ACC TOKYO CREATIVITY AWARDS | ブランデッド・コミュニケーション部門 Aカテゴリー(デジタル・エクスペリエンス):シルバー
  • 2019 59th ACC TOKYO CREATIVITY AWARDS | ブランデッド・コミュニケーション部門 Bカテゴリー(プロモーション/アクティベーション):ファイナリスト
  • 2019 59th ACC TOKYO CREATIVITY AWARDS | クリエイティブイノベーション部門:シルバー
  • 2019 59th ACC TOKYO CREATIVITY AWARDS | マーケティングエフェクティブネス部門:ブロンズ
  • 2020 第73回広告電通賞 | イノベーティブアプローチ:最高賞
VIEW ALL WORK