Client : 堀越神社
Launch : 2018/07/14
音によって土地の魅力に導かれる、新しい物語体験
聖徳太子により建立され、古くから「一生に一度の願いを聞いてくれる神様」として知られる大阪・堀越神社。近年では、パワースポットとして多くの人が訪れるこの神社の夏季例大祭を舞台に、音によって体験型ストーリーが進んでいく「オトガタリ」を開催。

その人だけに聴こえてくる音に導かれながら、場所から場所へと歩き進むことで、ストーリーが立体的に浮かび上がり、その地にまつわる歴史と出会う。これまでにないエンターテインメントです。

舞台は1400年以上もの歴史を持つ神社。物語は、古来より大切に祀られてきた神社の各スポットに焦点を当て、各場所を巡ることで展開していきます。

夏祭りという特別な時間が、現実世界と物語世界の境界線を曖昧にし、よりストーリーに没入できる空間を生み出しました。その土地が持つ魅力を最大限に活かした、音声ARによる新しい物語体験がここにあります。
A new story experience, guided by audio AR to the most interesting parts of the land
Horikoshi Shrine in Osaka was built by Shoutoku Taishi (Prince Shoutoku) and is known as ‘the god who grants one wish in your lifetime’. At the annually held summer festival many people visit as a spiritual site, we held ‘Otogatari’ a hands-on story lead by sound.

By walking from spot to spot guided by sound only audible to oneself, the story emerges dimensionally and one can encounter historic information coiled around the location. This is an all new entertainment.

The location is a shrine that has history of more than 1,400 years. The storyline expands through each focus spot carefully enshrined from the past.

The special atmosphere of the summer festival makes the borderline of the real world and the story world vague, creating a space where one can immerse deeper into the storyline. By maximizing the appeal of the location, a new storyline experience by audio AR is created.

CREDITS

VIEW ALL WORK