Original Project
Launch : 2020/08/12
宇宙と地上を双方向につなげる、世界初のライブ番組
「ネットとデザインの力で、宇宙への扉をあらゆる人々に開放すること」という信念のもと、地球上空400km を秒速 8kmで周回する巨大な有人実験施設、国際宇宙ステーション(ISS)の日本実験棟「きぼう」に、宇宙と地上を双方向につなげる番組スタジオ 「KIBO宇宙放送局」を開設しました。このプロジェクトは、JAXA(国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構)との共創型研究開発プログラムである宇宙イノベーションパートナーシップ(J-SPARC)として推進中の宇宙メディア事業の実証として行われました。

第1回目の開局番組は、2020年8月12日 ペルセウス座流星群の夜、宇宙と地上を双方向につなげる世界初のミッションとして行われ、メインクルーに中村倫也さんと菅田将暉さんを迎え、BSスカパー! とKIBO宇宙放送局公式YouTube/Twitterで番組を配信。

90分で地球一周するISSの軌道位置と連動した番組は、メインクルーの宇宙からの開局宣言を皮切りに、花咲徳栄高校吹奏楽部の演奏(KIBO YELL LIVE)や、ペルセウス座流星群にのせた地球のみんなの願い(KIBO STARS)や、アンケートを紹介しました。そして、番組のエンディングでは、宇宙からの「日の出」をみながら、地上のみんなの映像やメッセージ(KIBO RELAY)をRADWIMPSの「ココロノナカ(Complete ver.)と一緒に宇宙に映し出しました。

世界初の試みを成功させると共に、地球の人々が、リアルタイムに宇宙でメッセージを発信し、パフォーマンスを披露できる場を提供することに成功しました。

CREDITS

VIEW ALL WORK