Client : SQUARE ENIX CO., LTD.
Launch : 2018/01/22
音によって記憶と感情に語りかける、新しい展示会鑑賞体験
全世界累計出荷・ダウンロード本数1億3500万本を超えるRPGの金字塔ファイナルファンタジーシリーズ。30周年を迎え、その集大成として六本木ヒルズ森アーツセンターギャラリーにて開催された展覧会「別れの物語展」にて、音声ARシステムを導入。

展示物の前に立つと自動的に楽曲や解説が流れたり、動画に合わせたセリフが流れたりと、パーソナライズされた音声体験によって、個人の記憶や感情に語りかける深い導入体験を実現。従来の展示会鑑賞スタイルのあり方に大きな一石を投じました。

この展覧会では、あえて視覚情報を極力減らし聴覚情報によって来場者の記憶と感情に語りかけるエリアを設置しました。

人の約8割の情報量を占めるといわれる視覚情報。その視覚情報が足りないとき、人は自らの想像で、それを補おうとします。視覚情報によって各個人が持つ記憶や感情をよみがえらせ、より深い感動体験をし、涙を流される来場者の方もいらっしゃいました。音の持つ力を改めて再認識した場でした。
A new exhibition experience made possible by "audio AR" to stimulate the memories and emotions of the viewer
The ultimate RPG ‘Final Fantasy’ series: having over 135 million being shipped and downloaded. Welcoming its 30th anniversary audio AR was introduced at the culmination exhibition ‘Wakareno monogatari’, held at Mori Arts Centre Gallery of Roppongi Hills.

With a personalized audio, such as automatically having music played when standing in front of an art work, an introductive experience was done as if it speaks to the individual’s memory and emotions. This caused a stir to the conventional exhibition style.

At this exhibition we purposely created an area with less visual information and instead with more auditory information that speaks to the visitor’s emotion.

It is said that about 80% of human information is from sight. When it lacks the visual information, we tend to compensate with our own imagination. There were visitors who were emotional from the immersive experience which reminisce their own memory by visual information. We believe the exhibition reconfirmed the power of audio.

CREDITS

AWARD

  • 第71回 広告電通賞 イノベーティブ・アプローチ 優秀賞
  • 2018 58th ACC TOKYO CREATIVITY AWARDS クリエイティブイノベーション部門 ACCブロンズ
  • 2018年度グッドデザイン賞
VIEW ALL WORK